よくあるご質問
{刀剣買取・売却に関する質問}
 
Q. 刀剣の「登録証」とは何ですか?
A
一般的に「登録証」と呼んでいますが、正式な名称は「銃砲刀剣類登録証」です。
この登録証はあくまで、「美術品若しくは骨董品として価値のある火縄銃等の古式銃砲」または「美術品として価値のある刀剣類」に対して交付されるもので、
日本国政府が認めた刀や火縄銃の戸籍のようなものです。
 
登録証の交付された刀は、美術品として価値あるものとして認められたものですから大切に保存してください。
(持つ人の資格が問われる猟銃などの「所持の許可」とは異なるものです。)
 
Q. 刀を譲り受けました、何か警察署へ届けないといけないのですか?
A
刀剣類には、通常は「銃砲刀剣類登録証(以下:登録証)」が付帯しています。「登録証」が付帯する刀剣であれば、「登録証」に記載されている
各都道府県の教育委員会へ名義の変更手続きさえ行えば、法律上問題なく所有できます。
警察署への届けでは、新たに自宅にて刀剣類を発見した際、その刀剣に「登録証」が付帯していなければ、届けでの義務が生じます。(発見届)
「登録証」が付随していれば、上記の名義の変更手続きを行えば、どなたでも所有、又は譲渡などを行うことができます。
 
Q. 自宅で刀剣を発見しました。何所でどの様な手続きをすれば良いですか?
A
発見された刀剣に「登録証」が付帯していなければ、警察署に速やかに発見した事を電話にて伝え、その後は警察の指示に従ってください。
 
(注意点)
1.発見された場所を管轄する警察署でなくてはなりません。
2.世帯主が行うのが普通ですので、世帯主が行って下さい。
3.発見した状態で電話をして下さい、自宅内であっても移動させず発見した状況のままにしておいて下さい。
 
通常ですと、警察の方が発見場所の状況確認を行った後、若しくは指定された日に発見した刀剣を世帯主が警察署へ持参し、「発見届書」を制作してもらいます。
(その際、下記の登録審査日や会場などを教えてくれたり、案内書を用意してくれますので聞いてください。)
 
その後 各都道府県の教育委員会で行われる登録審査日に、指定された会場に「発見届書」と登録希望の刀剣を持参して審査を受けます。
「登録証」はその場で交付され、当日刀剣と「登録証」を持ち帰りできます
登録審査手数料とし6300円が別途かかります。
 
Q. 錆びた状態の悪い刀でも、登録証は交付され所持する事ができますか?
A
武用または鑑賞用として、伝統的な制作方法にて鍛錬され、焼入れを施したものを「日本刀」と言います。
この工程を踏まえて制作された日本刀なのかどうかを、登録審査員(専門家)が見て判断します。
 
一部分の錆であれば問題ありませんが、全体的にはなはだし錆が付いた刀剣であれば、文化庁の委嘱をうけた登録審査員の判断となります。
錆の状態を見て見なければ登録出来るか、正確には分かりません。
警察署へ届け(発見届)が済み、受理された後に「発見届書」と錆びた刀剣を見せていただければ、当店にて判断できます。
 
Q. 登録の対象とならない刀剣とは、どのようなものですか?
A
全体的にはなはだしい錆、傷、疲れなどがあるもの、または制作が著しく劣っているもの。
昭和刀、満鉄刀、造兵刀などの名称で呼ばれてる素延べ刀、半鍛錬刀、特殊鋼刀などであって外見は日本刀に類似する刀剣であっても、日本刀としての制作工程を経てないもの、外国製刀剣類です。
 
Q. 「登録証」に記載されている寸法と現物とに違いがあるのですがどうしたら良いのですか?
A
「登録証」に寸法の測り間違いや銘文の読み違い、あるいは記入漏れ等が発見されることがあります。
間違いに気づいたときは、「登録証」を発行した各都道府県の教育委員会に速やかに連絡し、その指示に従うことをお勧めします。
 
Q. 刀は有りますが、「登録証」が見つかりませんどうしたらよいのですか?(登録証の紛失)
A
速やかに発行元の都道府県教育委員会に届け出て、「登録証」の再交付を受けてください。
 
紛失した「登録証」の発行元が不明のときは、現住所の都道府県教育委員会に連絡し、その指示に従ってください。
過去に「登録証」が付随していたとの実事があれば、各都道府県の教育委員会に照会し、判明すればその教育委員会から再交付されます。
 
Q. 海外へ刀を持って行く事ができますか?どうしたらいいのですか?
A
海外へ持って行く事はできます。
文化庁の文化財保護課美術学芸課に古美術輸出監査証明証の申請を出し、約2週間後に証明証が交付されます。
発行日から1年以内に輸出しなければ、輸出監査証明証は無効となってしまいますので、気を付けください。(但し、1回の輸出に限り有効)
 
持ち出そうとする刀剣とこの輸出監査証明証を、税関に提出すると持ち出しが可能になります。
持ち出そうとする刀剣に付随する「登録証」は、持ち出した後に各都道府県教育委員会に返納しなければなりません、返納を怠ると法的な処罰の対象となりますので必ず控えのコピーをとって返納してください。

※詳しくは下記へお問い合わせ下さい。 

文化庁文化財部美術学芸課 調査指導係

〒 100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL 03-5253-4111(内線2887)
FAX 03-6734-3821


京都国立博物館普及室輸出監査係

〒 605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
TEL 075-541-1151
 
Q. 海外から日本刀を持ち込みたいのですが?
A
外国製の刀剣の持ち込は、現在大変難しくなっております、日本刀以外の持込は差し控えたほうが良いでしょう。

日本刀で100年以上前の制作であれば、空港に着きましたら税関の職員に「日本刀を持ち込みたい旨を申し出ます、すると別室に移り警察官より持ち込み許可証として「引渡書」と言う書類を発行してもらいます。

この「引渡書」にて、居住地の教育委員会に登録の申請を出すことが出来ますので、速やかに申し込み審査を受け登録証を交付してもらってください。
 
Q. お祝い品や、お守り刀として新しく刀剣を作りたいのですが?
A
ご要望を伺いし専門的な知識のもとに御相談の上、当店にて制作を賜ります。
注:(現代刀制作には、時間を要しますのでお祝品、贈答品としての使用の場いは、納期に間に合わない場合がありますのでお早目の御注文をお勧めします。)
 
Q. どの様な刀でも売却することができますか?
A
「登録証」がついていることが前提となりますが、当店では錆びている状態で刀身が光ってなくとも、キズがあっても、刀の入っている鞘が割れていても、短い刀剣類でも売却可能です。
どの様な刀剣にも一つの物語があります、自己判断せずに御相談ください。
 
Q. 未登録の刀剣類を買取りしてもらえますか?
A
未登録の場合は買取り出来ません。
「銃砲刀剣類登録証」の交付をうけた後であれば、買取りさせていただきます
 
Q. 売却する際に刀剣以外に何か必要なのでしょうか。
A
ご本人確認のため(古物営業法で定められております)、身分証(免許証・パスポート・保険証・学生証等)が必要になります。
 
Q. 査定にはどれくらいの時間がかかりますか?また、事前に予約はいりますか?
A
当店での買取査定には、刀剣をご持参頂ければその場で評価鑑定し買取り評価額をすぐに提示できます。

評価額に、ご納得いただければ即金にて買取させていただきます。

予約をしてからご来店いただくことをお勧めします。
刀剣類を持ち歩くことに一般の方々は慣れていないため、必ず予約したうえで開店時間内にご来店ください。
 
Q. 地方に住んでいるのですが、刀剣を送って評価鑑定をしてらう事はできますか?
A
はい、出来ます。
当店にて梱包セットをご用意いたし、無料で送りいたしますのでお客様は梱包セットを開封し、ご自分で刀剣を入れ当店へ返送してくださるだけです。
 
Q. どの様に送れば良いのですか?
A
当店専用の梱包セットを無料で送りいたします、その箱の中で刀剣類が動かないように入れていただきます。
(刀剣を箱の中に入れた後、新聞紙やパッキン等ですき間を埋めて刀剣が動かぬようにしてください。)
日本全国どこからでも宅配買取が可能です、当店では送料、手数料、などすべてが無料となりますので、電話で御相談ください
 
Q. 送る際、刀剣以外に何か必要なのでしょうか
A
古物営業法で定められているため、身分証(免許証・パスポート・保険証・学生証等)のコピーが必要になります。
顔写真のあるページと住所が記載されているページの2箇所のコピーが必要になります。
梱包セットの中に身分証のコピーと刀剣を一緒に入れ返送してください。(身分証は法定期間当社にて厳重に保管した後、責任を持って廃棄します。)
【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。