◉ 2015.10.11/ ニコライ二世の宝物(太刀)の修復が行われました。(サンクトペテルブルク)

2015年、ロシアで最古の博物館である、国立の人類学・民族学博物館(クンストカメラ)が創設300年を迎えました。  同館所蔵のニコライ二世の宝物である太刀の修復を、創立300年記念事業として今年5月に提案させていただきました。

チストフ館長と記念事業の合意にいたり、日本刀を修復する高度な研磨技術、保存技術・事業経費を提供し、9月22日から10月3日まで一般公開をしながらの修復が行われました。

 

主催: 山城屋

協賛: 日本美術刀剣保存協会ロシア支部

後援: 在サンクトペテルブルク日本国総領事館

提供: ロシア武道連盟

 

創設300年記念事業の開会を宣言する、チストフ館長 10-11.jpg

 

サンクトペテルブルク日本国総領事館・山村総領事よりの祝辞をいただきました。

f5-1.png

 

 

多くの報道関係者

f5-2.png

 

鞘師・塚本剛之さん (クンストカメラ館内)

f4-3.png f4-1.png

 

研ぎ師・池田長正さん (クンストカメラ館内)

f4-4.png f4-6.png

 

ニコライ2世コレクション、太刀「雲次」

fb7.png

 

 

 

 

 

【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。