朱漆瓶子〔根来塗り〕
商品番号
ES-207
(解説)
根来塗 瓶子                一口                 価格 お問い合わせ下さい
 
 
木製黒漆、朱漆塗
室町時代 16世紀 (16 c)
径21糎  高さ35.5糎

根来塗りの代表格の朱漆塗瓶子です。
瓶子は神前に供える神酒を入れる為の器で、本来は一対で使用されいましたが、一対で現存する古いものは極めて少ないものです。
小さな注口がつき肩の線は、なだらかに大きく膨らみ、腰はよく締まってバランスがよくとれた形は、時代を問わず優れた造形美で現代人を、魅了して止みません。
本来、鎌倉時代頃に根来寺で制作された朱漆器が根来塗と称されておりましたが、その名前が広まった結果、中塗りの黒漆に朱漆を重ね塗りした全てが、現代では根来塗とよばれております。
 
本瓶子は、注口と連動している菊座が、他に見る例が少なく気高い風格を漂わせおり、 中塗りの黒漆の重ね塗りを、上塗りの朱漆が覆い、いわゆる根来塗りの手法で仕上げ、摩減による朱と黒が織り成す根来特有の表情を見せています。
底の部分は、朱漆を塗らず黒漆のままで、轆轤台へ固定させた跡が放射線状に残ります。
長い年月を経た朱漆は、黒味を帯、随所に段紋〈細かい皺とひび〉の走る深い味わいは、数百年と言う日本の四季により生じられた、自然の魅力が随所に表れてます。
 
実用から生まれた「用の美」としての独特な枯れた趣があり、四百数十年を経て、随所に表れる黒漆は、当時の人々の実用性と感性の豊かさを十分に知り得る大変貴重なものです。
この様な神品を、伝世させてくれた古人の努力に感謝するばかりです。
 

 

【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。