◉ 2018.07.03/ 正宗(重要美術品)が日本美術刀剣保存協会へ寄贈され、評価査定が行われました。 

 

公益財団法人日本美術刀剣保存協会(以下、日刀保)へ、旧美濃国大垣藩主・戸田家のご当主より短刀「蜂須賀正宗」が寄贈されました。この短刀は同藩の初代藩主・戸田氏鉄が徳川三代将軍家光より拝領し、同家に長く秘蔵されてきた名刀です。日刀保へは奇特な愛刀家や団体よりご寄贈の恩恵があります。同協会は、公益法を順守して寄贈品を財産として資産計上するにあたり、刀剣組合へ資産額を定めるための評価依頼があります。

7月3日、日刀保へ赴き、短刀・朱銘 正宗(重要美術品)の評価査定を行わさせていただきました。

%E6%9C%B1%E9%8A%98%E3%80%80%E6%AD%A3%E5%AE%971.jpg

戸田家のご当主より寄贈されました、朱銘 正宗  /  号「蜂須賀正宗」  

 

 

 

【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。