備州長船盛光(修理亮) / 応永十七年二月日(1410年) (保存刀剣)

Tanto : Bisyu Osafune Morimitsu / Ouei 17 nen 2 gatsu hi (1410) Hozon Token

銘(表)
 備州長船盛光(修理亮)
銘(裏)
 応永十七年二月日 (1410年) 
 
商品番号
TA-055
価格

商談中

鑑定書
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣
時代
1410年(室町時代初期 )
刃長
27.2cm(9寸)
反り
0cm
元幅
2.49cm
元重
0.60cm
先幅
-
目釘穴
2
 備前国
金着二重はばき
 

大業物

(解説)
「応永盛光」は、当時全国的に見ても当代随一の名匠で、鎌倉時代より続く備前長船の代表工で、長船・師光の子となります。
「古刀七工」に名を連ねる名工で、南北朝時代より続く鍛錬技術がまだ優秀で続いており、鎌倉期の長光や一文字派を思わせる格調高いものが多いです。
作刀は応永より永享年間まであり、長船派の「備前三光」と称される(盛光、康光、師光)中で最も上手で「修理亮」と称しています。
特に良く練れた地金は、地景がよく現れ「応永杢」と呼ばれる美しい肌を見せ、「応永備前」の特色である棒映りなどが現れるのが特徴です。
 
本刀は、庵棟高く、重ねと身幅の尋常な造込みとなり、フクラは尋常でわずかに内反りのついた、長寸の短刀となる。
地鉄は小板目に板目、小杢を交じえ、地沸付き地景が現れ、刃中に足・葉よく入り鮮明に映り立つ。
裏の刃区から中程にかえて長く金筋が交じり、匂口深く明るい。
帽子は浅く湾れかげん、先は小丸で刃方にやや倒れて返る。
 
彫物
表 ― 丸止めの棒樋に蓮台、
裏 — 護摩箸に爪
茎 ― 生ぶ、先幅広く茎尻は刃上り栗尻  目釘穴 2個
附 ー 合口短刀拵え、白鞘
 
冴えた直刃調にやや小互の目交じり、軟らか味のある鮮明な棒映り現れ、ゆったりとして風格があり「古刀七工」に名を連ねる所存が伺われる, 応永盛光(修理亮)の好もしい名短刀です。

 

【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。