肥前住播磨大掾藤原忠国 / 寛文三年八月十三日 貳ッ胴裁断 山野加右衛門永久(花押) (特別保存刀剣)

Hizen Ju Harima Daijo Fujiwara Tadakuni / Saidan Mei: Kanbun 3 Nen 8 gatsu 13 hi Futatsu-do Saidan Yamano Kaemon Nagahisa

銘(表)
肥前住播磨大掾藤原忠国
銘(裏)
寛文三年八月十三日 貳ッ胴裁断 山野加右衛門永久(花押)
 
商品番号
KA-134
価格
2,900,000円 (税・送料込み)
鑑定書
特別保存刀剣
時代
江戸時代
刃長
71.5cm
反り
1.2 ㎝
元幅
3.0cm
元重
0.65㎝
先幅
2.0 cm
目釘穴
1
肥前国
銀着二重ハバキ
 
(解説)
名を橋本六郎左衛門、初代肥前国忠吉の娘婿で門人でもある広貞(のちの吉家)の次男として慶長三年(1598年)に生まれ、寛永11年に播磨大掾を受領し後に播磨守に転任します。鍋島家の支藩である小城藩のお抱え工となり晩年は「播磨入道休鉄」と号しました。本刀の裁断銘の切り手・山野加右衛門永久も慶長3年生と播磨大掾忠国と同じ年に誕生する巡り合わせで、寛文3年〈1663年〉は忠国と永久が65歳の年にあたります。湾れぎみの直刃は、元より切っ先まで匂口が深く、地沸が厚くつき鉄色冴えています。 棟の上半分の肉を薄く削いだ鵜の首造風として、切れ味を重視した作り込みであることから、山野加右衛門永久が当初より試し切りを行う事で、制作されたと思われるだけに、忠国の並々ならぬ作刀意欲を感じ取ることが出来る一振りです。

 

【取り扱い品】
金属工芸 (置物、花器、香炉)、武具 (兜)、武具 (鎧)、日本刀(太刀、刀、脇差、短刀、槍、薙刀)、お拵え、刀装具(鍔、目貫、小柄、笄、縁頭、)、漆芸品(ぬりもの)、蒔絵工芸、屏風 等
買取も随時いたしております。